地方のモノと中央のモノ、新しいモノと伝統的なモノ

その地域発祥の面白い物も必要で、なおかつ中央の物や国外の物を地方に卸すという役割も、同時に必要だと思う。
パッとなにもないとこから出てきた新しいモノと、なんらかのルーツに根ざしたその延長線上から生まれたモノが融合すれば、何十年先も残りうる文化になるんだろうか。

芸術品のように後年何百年も残りうるモノ、一過性で賞味期限つきで消費されるモノ。
これからはこれらが融合して新しい何かができてくるのかな。

スポンサーリンク
morihayashida

林田 憲志朗(はやしだ けんしろう)

ロボティクス企業のマーケター。ZOZOグループ、ヤフー、キャンプファイヤーを経て現職。ネット通販のマーケティングを10年。現在はB2Bマーケに挑戦中。

morihayashidaをフォローする
日記
スポンサーリンク
morihayashidaをフォローする
ゆとりマーケター日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました