「あたらしい仕事」と「僕(ら)の未来」

前にBRUTUS読んでいたら、「あたらしい仕事と、僕らの未来。」という特集が組まれていた。
BRUTUSがこんな特集やるってことは、みんなこれからに悩んでるんだなぁ、って思った。
自分が2年前からどうやって考えてたのか思い返してみる。
どっかでやっぱり「これからは〇〇ですよ!」ってのが頭の中にあった。
「俺は〇〇したい!」と、前者の考えって、一歩間違えたら混同して非常にヤバいことになると思う。主語が自分なのか、自分以外の会社かなにかなのか。
だから「あたらしい仕事」と「僕らの未来」を混同しないようにすべきなのか。
「こんな仕事があったんだ!」と飛びつく前に、一度自分がなにやりたいか考えないと、自分だけでなくまわりも混乱するんじゃないかと。

morihayashida

株式会社CAMPFIREでマーケ
株式会社訪う(おとなう)で取締役CMOをやっています。
20~30代の若手在京宮崎県人会みやざきわけもんフォーラム運営。
東京と宮崎を拠点にパラレルキャリア&デュアルライフを実践中。
インターネットが好きです。

morihayashidaをフォローする
日記
morihayashidaをフォローする
宮崎のゆとりマーケター日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました